子供がよく咳払いをします|もしかしてチック?

子供がよく咳払いをします|もしかしてチック?

子供がよく咳払いをするようになったんだけど、もしかしてチックではないだろうかと疑問に思っている親御さんもいるのではないでしょうか?

 

そこで、その咳払いが通常の咳払いとは違うのか、チックの症状なのかと言ったチェックポイントについてお伝えします。

 

⇒ チック症って何?という方はこちら

 

通常の咳・咳払い

 

まず通常の咳・咳払いについてですが、普通はのどに何か違和感であったり異常があるときに出るものです。または、何かを知らせる時に意図的にすることもありますね。

 

また、普通の咳・咳払いは寝ているときにも出たり、会話の途中でも我慢できなければ出るといった特徴があります。

 

繰り返しになりますが、基本的に喉がイガイガしたり、何かが詰まっているような異常を感じるために出るものです。

 

チックの咳払い

 

チックの場合の咳払いは、特にのどに異常がないのに出てしまいます。

 

また、寝ているときであったり、会話をしているときなどには咳や咳払いをしないというのが判別ポイントになります。

 

子供が咳や咳払いをしているからと、のど飴をなめさせてみたりうがいをしっかりさせたとしても治るようなものではありません。のどに異常はないわけですからね。

 

なお、のどなどに異常がない場合でも、アレルギーで咳などをしているといった場合もありますので、よくわからないときには一度病院で診察を受けたほうがいいでしょう。

 

⇒ チック症の場合病院は何処に行く?

 

子供の咳払いにあまり神経質にならないで!

 

咳払いって気になりますよね。それも頻繁に聞こえてきたら、ついつい注意したくもなります。

 

でも、だからと言って口うるさく注意しても事態は改善しません。むしろ悪化してしまうことさえあります。

 

気になるのは仕方ありませんが、周りが寛容な態度を取ってあげることも大切ですよ(*^^)v

 

⇒ チック症の子どもへの対応の仕方についてはこちら

 

ちなみに、チックの症状が4週間以上1年未満の場合は一過性チック症であり、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

 

 

実際にチックの症状がお子さんに出ている方の話を調べてみたのですが、だいたいの方が1-2カ月ほどで収まっていると書かれています。

 

環境の変わる季節にそういった症状がみられることは多いのですが、その間はゆったりと見守るようにしたほうがいいでしょう。

 

とはいえ、チックの症状が出ている間の接し方次第で症状が慢性化してしまうこともありますので、全く注意しなくていい、というわけにはいきません。

 

そこでおすすめなのが、『中森式チック症改善術』です。

 

この商品には、

 

@ 自宅でできる簡単なチック改善方法

 

A 危険なチックと安全なチックの判断方法

 

B 少しでも早く医者を頼った方がいいケース

 

等の情報が盛り込まれています。あまり気にしなくていいケースだったとしても、それは結果論でしかないですよね。

 

まぁ、なんとかなるでしょ!と気軽に考えて成功すパターンもありますが、失敗した気は長く苦しむことにもなりかねません。

 

だからこそ、早め早めに対処していくことが大切だと言えますね。

 

⇒ 中森式チック症改善術のレビューはこちら

 

ストレスケアも忘れずに

 

適度なストレスは必要だと言われていますが、あまりにもたまりすぎると心・体のバランスを崩してしまいます。

 

お子さんがチックの症状を抱えている、毎日咳払いをしたり鼻すすりをしている。でも、注意してはいけないと我慢している。正直、いらいらしてストレスがたまっている方もいると思います。

 

また、チックの症状が出ている本人にしても、『ストレスがたまりすぎると症状が悪化する⇒周りの人に指摘されたりからかわれたり⇒ストレスがたまる』といった負のサイクルに入ってしまう可能性もあるでしょう。

 

なので、ストレスケアをしっかりすることが必要なんです。

 

ストレスケアの方法

 

ストレスをため込まない方法としてまず考えられるのが、ストレス発散ができることを思い切りやるということです。人によって、それが運動であったりカラオケ、好きなドラマを見るなど様々でしょう。

 

ただ、ストレス発散できるものって結構手間暇がかかる、時間が必要なことが多いんですよね・・・

 

また、ストレスをため込まないためには、そのストレスの原因となっていることを改善するか遠ざけるという方法もあります。

 

でも、なかなかこの対処法は実行しにくいですよね。そこで利用を検討したいのが、ストレスケアのできるサプリです。サプリであれば手軽に実戦可能ですからね。

 

⇒ ストレスケア用のサプリについてはこちら


⇒ 自分でできるチック症改善術はこちら

スポンサードリンク