チック症の治療方法

チック症の治療方法

チック症の治療方法ってどういったものがあるのでしょうか?

 

チック症の治療方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

チック症の治療方法のまとめ

 

チック症の治療の進め方について。

 

生活指導・環境の改善

 

まずは、生活環境の改善をしていきましょう。

 

チック症はストレスがかかることによって悪化することもあるため、むやみにそのチック(癖)を指摘したり、無理やりやめさせようとしないことが大切です。

 

また、何かしらの不安であったり嫌なことがある場合、その原因を取り除いてあげることも効果的です。

 

なお、チック症と言っても基本的には自然と治っていくものなので、あまりにも長い間(1年以上)発症しているなどでなければ、経過観察で問題ない(場合によります)でしょう。

 

⇒ チック症の詳細についてはこちら

 

ただし、チック症がだれの目にも明らかであり、学校生活などで周りから指摘されたりいじめのきっかけとなってしまう場合もあるため、学校の先生と連携するなどして環境を整えておく必要があります。

 

なぜなら、それらがきっかけで症状が悪化してしまう恐れもあるためです。

 

薬物療法

 

チック症はストレスのみが原因と言うわけではなく、脳機能もかかわってきます。そのため、薬物療法によって症状を改善させる取り組みもあります。

 

ただし、副作用などもあるため、基本的には重度のチック症、トゥレット障害で日常生活に支障をきたす場合に行われます。

 

なお、トゥレット障害の場合には多動性障害(AD/HD)や学習障害を併発する可能性も高く(40%程度)、合わせて治療していくことも大切でしょう。

 

⇒ チック症と薬物療法の話について詳しくはこちら

 

チック症と漢方薬

 

チック症の治療の一環として、漢方薬を用いる方法もあります。

 

詳しくはチック症と漢方薬治療を参考にしていただきたいのですが、漢方薬により症状が軽減したいという話も出ています。

 

また、漢方薬の場合は通常の薬物治療とは違って、副作用が小さいというメリットもあります。


⇒ 自分でできるチック症改善術はこちら

スポンサードリンク