子供のチック症への対処法

子供のチック症への対処法

子供が瞬きを頻繁にしていたり、咳払いを何度も何度もしていたら気になってしまいますよね。

 

実はそれ、チック症かもしれませんよ。チックとは癖のことですが、その癖がさらにひどくなったものをチック症と言います。

 

チック症についての基本的な話は『チック症とは?』をご覧ください。

 

子供のチック症の基本

 

子供のチック症の基本的な話について解説します。

 

子供のチック症は珍しくない

 

チックが出ているときになりますよね。でも、子供のチック症は実は珍しくなく、5-10人に一人はチック症を経験すると言われています。

 

だいたい、2歳を過ぎたあたりでチックの症状がみられ、しばらくして症状がなくなっていくのです。その症状が1年以内に無くなった場合は、一過性チックと言います。なので、あまり心配しすぎなくていいでしょう。

 

また、チック症の原因は心と身体が複雑に絡み合っていると考えられており、詳しくは解明されていません。

 

少なくとも、親の育て方が悪いからそうなったということはできないのです。なので安心してください。自分を責めないでください。

 

自分を責めても改善しませんし、むしろ子供にとって悪影響になる可能性もあります。

 

チック症の子供にどう接すればいいの?

 

チックはあまり指摘してはいけません。年齢が高くなるにつれて本人も自覚しやすくなりますが、幼児期の頃はあまり意識していません。

 

あまりに頻繁に指摘されたり、怒られたりするとかえって症状が悪化してしまいます。基本的にチックは自然と改善していくものであり、その子に寄り添ってあげることが大切なのです。

 

⇒ 子供がチック症になった方の体験談はこちら


⇒ 自分でできるチック症改善術はこちら

スポンサードリンク