トゥレット症候群の症状・治療法

トゥレット症候群の症状・治療法

チック症には「一過性チック」「慢性チック」「トゥレット症候群」があります。

 

ここでは、トゥレット症候群についてその症状、治療方法など詳しく見ていきます。

 

トゥレット症候群の基本

 

トゥレット症候群に対する理解を深め、適切な対処をしていきましょう。

 

⇒ トゥレット症候群ガイド

 

トゥレット症候群の症状

 

基本的にチック症は運動性チック、または音声チックのどちらかのみなのですが、その症状が慢性化(1年以上子の症状がみられる)・悪化すると両方のチックが見られるようになります。

 

こういった状態を、トゥレット症候群と呼ぶのです。このトゥレット症候群は、100人に1人程度がなると言われています。

 

⇒ チック症の症状にはどういったものがあるの?

 

また、トゥレット症候群は平均して6-8才、遅くとも14歳くらいまでに発症するものです。

 

そして、トゥレット症候群の場合も、18歳までに約半数の人に症状の改善がみられるといわれています。

 

他の障がいも併発する可能性がある

 

トゥレット症候群のうち約40%程がAD/HD(注意欠陥/多動性障害)やDCD(強迫性障害)、学習障害(LD)を発症すると言われています。

 

例えば、強迫性障害は何度もかぎをかけたか確認したり、やってはいけないと思えば思うほどその行動をとりたくなるといったものです。

 

⇒ 学習障害についてまとめたページはこちら

 

トゥレット症候群の治療方法

 

トゥレット症候群のように症状が重症化した場合は、薬物治療を試みることもあります。

 

⇒ チック症と薬物療法

 

その場合は、専門家のいる病院でなるべく治療したほうがいいでしょう。

 

⇒ チック症と病院の話

 

また、上でも紹介した通り、合併症も併発している可能性があるので、まずはそちらから治療を行うこともあります。


⇒ 自分でできるチック症改善術はこちら

スポンサードリンク