大人のチック症の治療方法

大人のチック症の治療方法

タバコを吸っていたり、呼吸器関係に以上がないのに咳払いを無意識のうちに何回もしてしまったり、別に目に異常がないのに何度も瞬きをしてしまう場合、それはチック症が原因かもしれません。

 

チック症は基本的に幼児期に発症し、その後は症状が改善・なくなっていくと言われています。

 

でも、大人になってから発症したり、大人になっても改善されないといった場合もあるのです。

 

⇒ 大人のチック症の症状・原因は?

 

大人のチック症

 

大人のチック症についてご紹介します。

 

子供のチック症との違いは?

 

大人のチック症と子供のチック症に特に明確な違いはありません。

 

ただ、大人のチック症の場合は、慢性化していたり、さらに症状が重くなったトゥレット症候群であり、完全に症状をなくすのは難しいと言われています。

 

⇒ トゥレット症候群ガイド

 

大人のチック症の治療方法は?

 

チック症の治療は、「精神科」「神経内科」「心療内科」で受けることができます。

 

チック症は基本的に自然と改善していくのですが、症状が重い場合は薬物治療なども視野に入ってきます。

 

⇒ チック症での薬物療法の詳細はこちら


⇒ 自分でできるチック症改善術はこちら

スポンサードリンク