大人のチック症改善ガイド

大人のチック症改善ガイド

チック症は子供・幼少期によく発症するものの、その後は改善していくことが多いのですが、大人になってもその症状が続いたり、改善していたのに再び発症する、といったこともあります。

 

大人のチック症、つらいですよね。

 

子供のときでも辛いですけど、大人になったら大人になったで、チックの症状が出ると仕事や日常生活で支障をきたすこともありますから。

 

大人のチック症の原因は?

 

チック症の原因は今のところはっきりとは分かっていないのですが、症状を悪化させたり再発してしまうのには、急激・過度なストレスがかかったことなどがあるようです。

 

例えば、職場が変わったときであったり生活環境が変わった時など。またその他に、仕事が立て込んで忙しいときもありますね。

 

大人のチック症は治る?

 

大人のチック症の場合は症状が慢性化していたり、トゥレット症候群(トゥレット症候群ガイド)にまで発展している場合があり、完全に症状を消すのは難しい場合が多いです。

 

ですが、完治は難しくても、適切な治療や対策を行っていけば、改善させていくことは可能なので、あきらめずにやっていきましょう。

 

大人のチック症の治療法・対処法

 

ここからは、大人のチック症の治療法・対処法についてご紹介します。

 

薬物療法

 

チックの症状が重く、どうにもならない場合は病院に行きましょう。何科に行けばいいのかと言いますと、心療内科や神経内科、精神科です。

 

処方される薬としては、ハロペリドールなどがあります。症状は改善されるものの、めまいやふらつきなどの副作用もあるため、医師と相談して適切に使っていくことが大切です。

 

ストレスの軽減

 

ストレス社会であり、ストレスを完全になくすということは難しいですが、なるべくストレスをため込まないようにしましょう。

 

そのためには、自分なりのストレスの発散方法や、ストレスの原因となっているものを特定して対処することが大切です。

 

また、補助的にストレスケア用のサプリを使うのも検討してみてください。サプリなら時間もかかりませんし、時間がないときなども手軽にストレスのケアができますよ。

 

ちなみに、おすすめのストレスケア用サプリはリラクミンシリーズで、各悩みに合わせていろいろな種類が用意されているので自分に合うものを試してみるといいでしょう。

 

⇒ ストレスケア用のサプリについてはこちら

 

気にし過ぎはよくないですよ

 

症状が出るのは仕方ないことで、あまり気にしすぎるのもよくありません。

 

気にしすぎるあまり、それがストレスになる・強迫観念でやらないようにしようと思うあまりその反動で症状が悪化する、といったこともあります。

 

なので、症状が出てしまうのは仕方ないことと考え、受け入れるようにするといいですよ。


⇒ 自分でできるチック症改善術はこちら

スポンサードリンク