大人のチック症の症状・原因は?また、その治し方は?

大人のチック症の症状・原因は?また、その治し方は?

チック症は大人になるにつれて改善していくと言われていますが、実は、そうでないパターンもあります。

 

また、大人になってからチック症になったり、改善していたのに再びチック症になる方もいますし、症状が慢性化して大人になっても続いている方もいるのです。

 

子供の頃でも十分つらいですが、大人になってからチックの症状が発生するのもつらいものですよね。

 

大人になってからであったり、大人になっても症状がある人の数は幼少期よりも少なくなるため、周りの理解が得にくいというのもあります。

 

大人のチック症の基本的な話

 

大人のチック症について、詳しく解説していきます。

 

大人になってからのチック症は治りづらい

 

大人になってからですと、症状が定着しやすいと言われています。

 

また、子供のころに発症したものが慢性化していることもあり、治療は難しくなるんですよね。

 

⇒ 大人のチック症改善ガイド

 

大人のチック症の症状は?

 

チック症についてはトップページで確認していただきたいのですが、大人だからと言って子供とは別の症状が現れるというわけではありません

 

多いものとしては咳払いや瞬きですが、そのほかに首を振るといった症状(首を振る病気にはどんなものがあるの?)や、まれに話の間に不適切な言葉を発してしまうものなどもあるんですよ。

 

ちなみに、運動チックと音声チックの両方が出ているものはトゥレット症候群の可能性もあります。

 

⇒ トゥレット症候群ガイド

 

何がきっかけでチック症になる?

 

大人になってからチック症になる・再発するパターンとしては、心理的な要因が大きいようです。

 

また、自分が不自然な行動をとっているなどを認識しやすく、それが原因でさらに症状が悪化するといった悪循環に陥っていることもあります。

 

つまり、ストレスによる負の連鎖を断ち切る必要がある、というわけですね。

 

大人のチック症の治し方は?

 

あまり症状が重くなければうまく付き合っていき、あまり気にしないようにすることもありですが、気になって仕方ないという場合もあります。

 

その場合は、精神科であったり神経内科、心療内科などに通い、専門医に相談してみたほうがいいでしょう。

 

ただ、チック症はメジャーではないので適切な治療が受けられない可能性もありますし、医者に行くのは嫌だという人もいると思います。

 

であれば、まずはストレスを少なくするところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

ストレスが過剰になると心のバランスを崩し、チックの症状を悪化させてしまうこともありますから。

 

ストレスの軽減方法としては、そのストレスの原因となっているものを取り除くのが一番です。

 

 

例えば、職場に嫌な人がいて精神的に参っているのであれば異動を申し出る、思い切って転職するなど。

 

または、その人に近寄らないようにする、といった方法もありますね。

 

その他には、好きなことをしたり大声を出すなどしてストレスを発散する方法もあります。ただ、ストレスの発散にも限界がありますし、なかなか手軽にできないものもありますよね。

 

なので、その場合はサプリでケアしてみるのもありですよ。

 

あまり頼りすぎるのもどうかと思いますが、サポート的に使うのであればおすすめします。

 

⇒ ストレスケア用のサプリについてはこちら


⇒ 自分でできるチック症改善術はこちら

スポンサードリンク